マーケティング

悪用厳禁!本気で稼ぎたい人だけみてください!

どうもタカミです!

マーケティングには様々なものがありますが、

あなたは日常の中でマーケティングを

仕掛けられていることに気づいているでしょうか?

数々の企業が、消費者に自社の存在を知ってもらうため、

商品を購入してもらうために

多くのマーケティングを行っています。

 

その中には、全く意識していないのに、

商品を手に取りたくなってしまったり、

欲しいと思ってつい買ってしまうような、

消費者に気づかせないマーケティングも存在します。

今回は、その中で

一般的によく使われており、

人間の心理を動かす非常に効果的な

「カリギュラ効果」について話していきます。

カリギュラ効果ってなに?

カリギュラ効果とは、

禁止されるほどやってみたくなってしまうという

心理行動学の法則の1つです。

 

「このスイッチは絶対に触らないこと」

と言われるときっと触りたくてムズムズすると思います。

芸人で例えると、ダチョウ倶楽部の上島が、

「押すなよ!絶対に押すなよ!」

と言った後に押され、

熱湯に落とされてしましますよね。

 

あれは押すなと禁止させることで

ついつい押したくなってしまう

心理を上手く使って笑いにしたネタです。

 

また、直接禁止されていなくても、

テレビで「ピー」という音やモザイクをつけて

発言や映像を一部隠すことで、

何と言っているか、何があるのか

部分的に隠されると気になってしまうというのも

カリギュラ効果によるものです。

 

実は意外と身近でも目にするカリギュラ効果

私たちの生活の周りにはマーケティングに

カリギュラ効果が活用されているものが多く存在します。

 

よく広告で

「〇〇な人以外使わないで下さい」

といったキャッチコピーが使われているのを

見たことはありませんか?

あれこそまさにカリギュラ効果が使われています。

 

「〇〇な人」をターゲットとし、

「使わないでください」で禁止することによって、

気になってしまうキャッチコピーになっています。

 

また、情報を一部だけ隠すことで

興味を煽る方法もあります。

 

袋とじなどは雑誌の中身を一部隠すことで、

つい買って中身を見てみたくなってしまう

という心理にさせています。

 

「この商品を使ってみたレビューはこちら」

 

というような広告をみて、

ついつい気になってしまったことはありませんか?

結果の部分を隠すことで、

その先にある情報を見たいと思いたくなるのが

まさにカリギュラ効果によるものにです。

 

このように禁止したり、

制限することで、興味や関心を引き出すというのが、

基本的なカリギュラ効果の活用方法です。

 

まとめ

 

カリギュラ効果について少しでも、

お分かりいただけたでしょうか?

 

記事で紹介してように、

広告、キャッチコピー、映像、音声などであえて禁止や制限する

言葉を使用することで消費者は

 

「買ってみようかな?」

「一度試してみようかな?」

 

という心理になります。

このカリギュラ効果をマーケティングに上手く活用して、

ビジネスの幅を広げてください。

P.S.

高卒で現場監督だった私が、知識・経験・人脈すべて0の状態から、

時間やお金に縛られずに理想の人生を手に入れた、

ネットビジネスの知識を凝縮した

高見悠平【公式のLINE】始めました。

登録は無料できるので、この機会にぜひ。

【公式LINE登録ページは↓】

友だち追加

公式LINE_ID➔ @tns6228t

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

大人気です!150名突破!!

気軽に相談してくださいね^_^

※ワンクリックで登録可能

※個人情報はこちらから

わからないようになっているので安心してください。

ABOUT ME
高見悠平
高見悠平
28歳、ネットビジネスに出会う。 数ヶ月間ブログアフィリエイトに取り組むも 収益化できず。 29歳、師匠に出会い、ビジネスを基礎から教えてもらう。2か月で収益化達成。 現場監督の仕事を2019年に脱サラ。 現在は29歳。アフィリエイトや情報販売を中心にフリーランスで生活。