ネットビジネスの始め方

「会社が楽しい!ずっと働きたい」と思ってる人は絶対に読まないでください。

 

どうも、タカミです。

今日は

 

「起業のために

会社を辞めるタイミングの見極め」

 

について話します。

今回の記事は

いまは会社に勤めていて

いつか起業して脱サラしたい。

 

でも、今は

なにから始めたらいいか分からないし、

失敗したらどうしよう・・・

 

 

でも絶対に将来、

会社に縛られず自由に生きていきたいんだ!

と考えてる人に読んでほしい記事です。

脱サラのタイミングは大事です。

 

起業するのであれば

いつかは辞表を出すことになる。

 

そのタイミングを失ったら

「あの時失敗なんて恐れずに、

無理にでも起業しておけば良かった・・・」

と死に際に後悔することになります。

しかし、

 

脱サラのタイミングを間違えると

結局は事業がうまくいかず、

アルバイト生活になるか

運よくまた会社員に復帰出来たとしても

 

「結局自分には無理だった・・・」

 

と次のチャレンジに踏み出す勇気などなく

一生サラリーマン生活を送り、

起業に成功した人を見て妬み、

今の生活に不満だらけ。

 

ストレスを発散するために

毎晩お酒を飲むようになってアル中になり、

奥さんに暴力を振るうようになって

家族は崩壊。

会社もクビになって何もかも失い、

「こんなはずじゃなかった」

「あの時、ああしていれば」

後悔してももう遅い・・・

 

そんなことになって人も、本当にいます。

実際、起業に成功する人は

いいタイミングで脱サラする人が多い。

 

では、会社を辞めるタイミングの

見極め方について書いていきます。

 

まず、単刀直入に言うと。

 

いま、副業として

生活できる収入を継続して

稼げるのであれば

すぐに脱サラしてもいい。

 

そうでなく、

脱サラしてから稼ごうと考えて場合。

 

まだ会社を辞めてはいけない。

辞めてはいいのは、

 

「すでに自分の商売で収入がある場合」

 

だけ。

もし、会社を辞めないと

始める事の出来ない事業を

初めて事業にしようとしてるなら、

 

やってもただの一か八かの賭けになります。

失敗する確率は高い。

そっちのほうがかっこいい?

そう思うなら好きなようにしたらいい。

 

「成功しなかったらなんて言ってたら

いつまでたってもチャレンジできない。」

 

だが、それで本当に、

成功すると言い切れるのか?

本当に成功したいなら、

運要素は最低限まで削らなければいけない。

 

あなたがしたいのが

起業家ごっこなら止めません。

もし、違うのであれば。

 

絶対に成功し、会社を辞めて誰にも縛られず

生きていきたいのなら、

 

必ず今のうちから、会社に行きながら

自分の事業を始めよう。

 

そうすれば

来週ハワイに行くことだってできる。

夕食何食べようかなと思い立ったその瞬間に

草津の温泉に入る為だけに

 

群馬にタクシーで向かうことだってできる。

そうだ、京都いこう。

これがあなたの生活の常識になる。

 

そんなことができるようになる。

スタートは早いほうがいい。

 

マラソンでいえば、今のあなたは

フライングし放題の状態。

 

今すぐ走り出し

成功に近づこう。

 

会社を辞めるまでは、

後ろから何も追ってこない。

さあ思い立ったらすぐ行動しよう。

 

今すぐ、あなたの生活の中で

使える時間を紙に書きだし

 

その時間でできるビジネスを考えてみよう。

会社を辞めなくても、

 

できることは結構ある。

考えつかなければ、

 

すでに稼いでいる事業家に聞いてみてください。

P.S.

高卒で現場監督だった私が、知識・経験・人脈すべて0の状態から、

時間やお金に縛られずに理想の人生を手に入れた、

ネットビジネスの知識を凝縮した

高見悠平【公式のLINE】始めました。

登録は無料できるので、この機会にぜひ。

【公式LINE登録ページは↓】

友だち追加

公式LINE_ID➔ @tns6228t

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

大人気です!150名突破!!

気軽に相談してくださいね^_^

※ワンクリックで登録可能

※個人情報はこちらから

わからないようになっているので安心してください。

ABOUT ME
高見悠平
高見悠平
28歳、ネットビジネスに出会う。 数ヶ月間ブログアフィリエイトに取り組むも 収益化できず。 29歳、師匠に出会い、ビジネスを基礎から教えてもらう。2か月で収益化達成。 現場監督の仕事を2019年に脱サラ。 現在は29歳。アフィリエイトや情報販売を中心にフリーランスで生活。