マインドセット

人生を変えることは難しくない!!

どうもタカミです!

あなたは「人生を変えたい」と思ったことはありますか?

誰だって一度はあると思います。

でも変わらないから困っている場合がほとんどでしょう。

変わらないことに悩んでまた時間が過ぎていく・・・。

それでは

「人生で一番大事なことは何なのか」

このことについて考えたことがありますか?

と聞くと、即答できる人はグッと減るでしょう。

今回は一種の自分自身への戒めの意味も込めて書いていきましょう。

1、終わりを意識すること

私が人生で最も大事だと思うのは

「終わりを意識する」

これに尽きます。

出来ればあまり考えたくないことかもしれませんが、

あなたの人生には必ず終わりが来ます

もっと突っ込んで言うと、

あなたの人生は「期限付き」で与えられたものなのです。

 

これは泣こうがわめこうが、神にも仏にも祈ろうが

絶対に覆せない事実です。

でも私もあなたも含めて、この日本に住んでいる多くの人は

この事実からなるべく目を背けて生きています。

当たり前ですよね。

 

「終わり」とはいったいどんな形でやってくるものなのか。

「終わり」とはいつやってくるものなのか。

「終わり」とはだれがもたらすものなのか。

 

こんな誰もがわからない内容のことを意識しろと言われたって

不安になって夜も眠れなくなってしまいそうです。

また、基本的に衣食住がきちんと保証されている日本に住んでいれば、

「終わり」があることは知っていても、意識しないで生きていられます。

ただ漠然と「いつか」訪れる「終わり」をただ待ち続けるだけです。

ではなぜ、「終わりを意識すること」が大事なのでしょうか。

「意識しなくても生きていけるなら、別にいいじゃないか」

・・・

実はこれ、

とても恐ろしいことなのです。

わかりやすく例えると、

あなたは21歳です。

違うって?いやいやとりあえずそういうことにして考えてください。

これまでの人生を振り返ってみれば、21年間すべての人の言ったことに

素直に従って生きています。

 

偏差値の高い高校に行けといわれて高校受験を踏ん張り、

いいとこの大学を出ろと言われて大学受験で歯を食いしばり、

就職して安定した収入を得ろと言われて、やりたくもない就活に向かて準備する。

 

何だかよくわからないけど親も教師もそう言うし、

周りもやっているからそうしたほうがいいだと。

素直であることは素晴らしいです。

でも使いどころを誤ると悲惨な結果が待っています。

 

就活も無事に終わり、ある企業に就職したとしましょう。

親は褒めてくれるかもしれません。

周りと同じように就職できたことに安心もするでしょう。

で、どうなるか。

ここで誤解を解いておかなければならないのは、

親や周りの人間はもちろん、

会社ですらあなたの面倒を一生見ることは絶対にありません。

2、定年を基準に考えてみる

定年を基準に考えれば、今なら65歳。

近年の制度変更の流れを鑑みれば、70歳くらいにはなっているでしょう。

 

そして、同時に日本人の寿命も100歳が当たり前になってくる時代もやってきます。

さて、70歳で定年退職してその後に残されたのは30年間の余生。

 

そこであなたは呆然とするでしょう。

「私は何のために生きればいいんだ。」

今までなら、小学・中学・高校・大学・会社と

周りに合わせていれば「生きて」はこれました。

 

しかし最後の会社から抜けてしまうと、

そのままのあなたのまま会社にほっぽりだされてしまうのです。

 

もちろんこの間に何かしらのイベントはあるかもしれません。

結婚、出産、子育て

女性と一緒になるならこういったことも喜びとしてあるでしょう。

 

でも、それであなたは

自分自身の人生を満足なものと思うことはできますか?

現実として、私は厳しいと思います。

だって毎朝満員電車ですし詰めにされているサラリーマンの顔を思い出してください。

就職した後に何が待っているかはわからなくとも、幸せならあんな顔はきっとしないばずです。

あの顔が、

人の一生のうちに一番活動しやすい日中をつぎ込んで得た結果を如実に表わしています。

私はこう感じることでしょう。

「どうしてこなった」

人はこういう時に「人生を変えたい」と思います。

現在のどん詰まりの状況を打破し、新しい過ごし方をしたい、と

でもほとんどの方はできません。

なぜなのか?

「人生に終わりがあることを意識しない」からです。

3、人生を変えるには

何度も言いますが、あなたの人生は有限で何者にも代えることはできません。

言ってみれば、あなたにとって一番価値が高いものです。

 

それがどこか「終わりのないもの」と錯覚して毎日を生きてしまうと、

自分の人生、そして今という時間の価値の認識がどんどん下がっていくのです。

 

だから自分の人生を「変えようと」しない。

言ってみれば、人生は「変わる」ものではありません。「変えるもの」です。

 

現状維持で何とか生きていけてるから「変わらなくていい。」と考える。

周りも同じことをしているから「変わらなくていい。」と考える。

自分の人生の価値を軽んじているから「変わらなくていい」と考える。

 

読んでいて何を言っているんだと思いますか?

しかもこの生き方が世間の一般常識が進めるものです。

こんな人を馬鹿にした話はありません。

あなたの人生はあなただけのものです!

他の誰のものでもなく、かけがえのないものです!

私がこのことに気づき、そしてこの道を選択したのはまさに、

「人生の終わり」を意識したからでした。

 

「終わりがあるからこそ価値がある。」

「価値がある人生を無駄にはしたくない。」

「ました満員電車のサラリーマンのような顔で過ごす人生は送りたくない。」

私がネットビジネスなんてという、

最初に聞けば怪しいよくわからない道を選択したのは、こういったことが理由でした。

 

人生を変えるためにあなたが出来る事

因果応報という言葉があります。

今は悪い意味の時に使われることが多いのですが、

本来はいい意味でも使われます。

 

意味は「原因に応じた結果が報いる」です。

わかりやくいうと、結果には必ず原因がある。ということ。

 

つまり、「人生が変わるという結果」を生じさせるには

必ずそれに応じた「原因」を作らなければなりません。

 

その原因は誰かが持ってくることはありません。

あなた自身が作り出さないといけません。

 

つまり「行動すること」です。

「なにか行動をおこした」という原因を作っておけば、

それがあなたの人生に「変化」という形で結果がもたらされるのです。

行動するのが怖い?

それはまだあなたが自分自身の人生の価値に気づいていない証拠です。

それに気づいてもらうために

私は「人生には終りがある」という最初の問いをしたのです。

 

失敗することこそ成功するための近道です、

成功した人間は今までたくさんの失敗を重ねてきています。

 

とにかく動き続ける、「原因」を作り続ければ

あなたの人生は必ず変わります。

深く考えなくてもいいんです。

考える事は原因を作りませんが、

行動することは原因を作ります。

とにかく動いて「原因」を量産しましょう。

まとめ

私は人生で最も大事なことは「終わり」を意識しておくことだと思っています。

「終わり」を見据えていれば決断が鈍ることはありません。

なぜなら、悩んでいるのがもったいないから。

限りある人生、限りある時間を使って「悩む」というなんの意味もないことをするよりは、

すぐに動いてしまったほうがいいのです。

ダメだったら別の方法を試せばいい。

「人生を変える」という「結果」を得るには、「とにかく動く」という「原因」を作り続けること。

案外、ひょうんなことから変わっていったりするものですよ。

 

P.S.

高卒で現場監督をしていた私が、知識・経験・人脈すべて0の状態から、

時間やお金に縛られずに理想の人生を手に入れた、

ネットビジネスの知識を凝縮した

高見悠平公式の【LINEアカウント】始めました。

登録は無料できるので、この機会にぜひ。

【公式LINE登録ページは↓】

友だち追加

公式LINE_ID➔ @tns6228t

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

大人気です!150名突破!!

気軽に相談してくださいね^_^

ABOUT ME
高見悠平
高見悠平
28歳、ネットビジネスに出会う。 数ヶ月間ブログアフィリエイトに取り組むも 収益化できず。 29歳、師匠に出会い、ビジネスを基礎から教えてもらう。2か月で収益化達成。 現場監督の仕事を2019年に脱サラ。 現在は29歳。アフィリエイトや情報販売を中心にフリーランスで生活。